このエントリーをはてなブックマークに追加   

この日は静岡県の草薙球場で日本ハム戦でした。

ディクソン投手と高梨投手というマッチアップでした。

スタメンにはロメロ選手が復帰しました。「調子がいい」という趣旨の発言を取材に対してしたようですがほんとかな?と思いながら見ていました。

試合は、ディクソン投手が日本ハム打線相手にほぼ毎回走者を許す投球で、失点こそ初回の1点で済ませたものの、去年並みの状態のハムさんなら序盤で一気に持っていくくらいのことになっていても不思議はなかったように思います。

1点を追うバファローズは昨年の新人王・高梨投手を前になかなかチャンスが作れない展開でしたが、4回にロメロ選手がやってくれました。

第5号同点ソロ!


きっと腰の状態は報道に対するコメントほどよくはないだろうと思うのですが、それでも甘く入った真っすぐを逃さずスタンドまでもっていくのは素晴らしいです。また欲しいところで打ってくれました。腰のケアをしっかりしながら、しっかりチームを引っ張っていってくれたらと思います。

これで同点としたバファローズ、6回表にはロメロ選手の四球と小谷野選手のヒットで無死一、二塁のチャンスをつくり、勝ち越しを図りました。

この場面で打席に入ったT-岡田選手はショートフライに倒れ1死に。

続く打席には中島選手。

併殺だけは避けてほしいこの場面で、高梨投手が投じたフォークがワイルドピッチになり、一死一、三塁になりました。

これで中島選手としては一気に楽になったと思います。しっかりと犠牲フライを打って勝ち越しに成功しました。

9回には、ダメ押しのチャンスで打席に入った武田選手が今季初のヒットとなるタイムリーを放って、試合を決定づけてくれました。

実は武田選手は今日が誕生日。

バースデータイムリーツーベースで1打点、いい思い出になると思いますし、今後の発奮材料にもなると思います。

中継ぎ陣では7回を吉田一将投手が、8回を黒木投手が、9回を平野佳寿投手が担当し、それぞれゼロで切り抜けました。

8回はちょっと危うかったですけどね・・・(汗)

毎回ランナーを出し、失点寸前までいって抑える黒木投手です。ルーキーがこれをやっているのですから当然よくやっていると褒めるべきなのでしょうが、本人の体力的にも、精神的にもどこまで行けるのか心配でもあります。

今日は二死一、二塁のピンチで対戦した田中賢介選手に対し、10球ストレート勝負を挑んで空振りの三振に切って取るという、ルーキーらしからぬ攻めの投球を見せました。

いやぁ、いい投げっぷりですねぇ。今さらですが。

ともかく、今日はこんな感じで、

3-1

3連勝!


でございました。

冒頭にも書きましたが、今日は日ハム側が投打にピリッとしないところがあり、それに助けられた形での勝利という見方もできると思います。

中島選手が1試合でバント失敗を2つし、さらにエラーまでしたというあたりが今の日ハムの状態の悪さを物語っていますね。去年の日ハムではちょっと考えにくかった状態です。

こちらが投打にしっかりとした野球ができているから勝っているというのもまた事実ですが、今後徐々に状態を巻き返してきたときにどうなるかは相変わらず不安ではあります。

なので、バファローズとしては、今のうちに叩けるだけ叩いて貯金を稼がせてもらおう、というスタンスでいいと思います。去年まで散々やられてましたし、お互いさまということで。

次は20日、東京ドームで日ハム戦です。

い、いきたい・・・!!

けど、いけない・・・!!

あまり楽天に離されるのもよくないですので、次も堅実な野球でしっかり勝利をものにしてほしいと思います。

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加