このエントリーをはてなブックマークに追加   

この日は日本ハムとのカード第2戦。

西勇輝投手と斎藤佑樹投手の「ユウキ対決」でした。

斎藤投手はプロに入って以来、怪我もあり、なかなか浮上できていない中、このほど二軍戦で5回1安打無失点の好投をしたこともあり、この日先発に抜擢されました。

ハンカチ王子と言われたあの頃からもう11年経つんですね。

ここ数年毎年のように相手にしている斎藤投手、今日こそは攻略したい。

そんな中、バファローズは初回から駿太選手の二塁打を足掛かりに先制に成功すると、2回にもT-岡田選手、小島選手の連打で作ったチャンスから斎藤投手のエラーと駿太選手のタイムリースリーベースで3点を加点する順調な攻撃を見せました。

2回の斎藤投手のエラーは一死一、三塁の場面でした。若月選手の止めたバットにボールが当たってしまった中途半端な投ゴロを捕球した斎藤投手が本塁に悪送球した、というものでした。

この時、三塁ランナーのT-岡田選手は飛び出してしまっており、挟まれた格好になっていました。何を慌てたのか、ここで相手がエラーをしたおかげで2点目が入りました。

そうして相手が崩れたところで、初球を狙い打ったのが駿太選手、という寸法でした。

駿太秋冬、絶好調!

このところ打撃は一時期ほどの勢いがなくなっているかな、という印象でしたが、この日は斎藤投手の投球の型を事前に頭に入れて、「何をどっちに打つか」をしっかり決めていくと対策していたのが奏功したようで、目の覚めるばかりの打球を連発していました。

もっとも、この対策は打線全体で共有されていたのかなと思います。斎藤投手自身が序盤に自分のミスもあってつかまり、自分の投球ができていなかった部分があったのも大きいですが、打者一人一人が自分甘いボールを逃さず、ガンガン打っていましたね。

畳み掛けるバファローズは、3回裏にも、マレーロ選手とT-岡田選手の連打でさらに加点、若月選手のヒットでまたチャンスをつくると、またもや駿太選手の走者一掃打でまた2点加点と、斎藤投手相手に3回までで10安打7打点の滅多打ちを食らわせることに成功しました。

途中から1球1球の目的意識を見失った斎藤投手の自滅に近い感じにもなっていましたが、その隙を逃さなかったこと、駿太選手が自身の対策を徹底し、3安打4打点の大活躍をして見せてくれたところを素直に喜びたいです。

一方の西投手は序盤から気持ちの入った投球で、日本ハム打線をしっかり抑えていきました。3回までは1つのヒットも打たせず、斎藤投手とは対照的な投球になりました。

4回には田中賢介選手の巧打で1点を失いますが、その裏にすかさずロメロ選手がこの一撃!

16号ソロ!

これで斎藤投手は完全にノックアウト、試合の流れも大方決まりましたね!

西投手はそのまま8回までスイスイと投げて降板しました。

4回の先頭打者四球から失点したのはいただけないですが、その場面も1点で抑えましたし、全体的には好投でした。久々に勝ちがつきましたし、よかったと思います。

9回には久々に赤間投手が登板し、びしっと締めて、

1-8

大勝!


この日も大勝利でした。

序盤に相手投手の隙を逃さず、しっかり点にできたことがすべてでしたね。

その攻撃の立役者は、文句なしで駿太選手でした。

1日で5打数3安打4打点で、8塁打という荒稼ぎぶりでした。

ヒーローインタビューでも駿太節で盛り上げてくれました。

このTシャツ、思い切ったデザインのせいか、買っても野球観戦の時以外で着るイメージがつかないなぁなんて思っていましたが、先鋭的なデザインがネタになるかも。買っちゃおうかなぁ。

また、今日はバックの支えも素晴らしいものありましたね。

まずは、安達選手!

取っただけでなく、その体勢から二塁に投げられる身体能力は流石の一言です。

さらに、小田選手!

打つ方ではトンネルを抜けられていませんが、守備で存在感を見せてくれました。


さて、次は大谷翔平選手が先発するそうですね。

2イニング程度のお試し登板らしいですが、この勢いで打てたらいいなと思います。

明日も勝って、前半戦をいい形で終わりたいですね!


お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加