このエントリーをはてなブックマークに追加   

この日の相手は日本ハム。

先発は金子投手と斎藤佑樹投手でした。

「ラストチャンスのつもりで」と背水の陣で臨む斎藤投手を攻略できるかがカギでした。

序盤でしっかり叩ければよかったのでしょうが、この日の斎藤投手はよかったですね。

カウントを悪くすることも少なく、打たせて取る投球を実践して球数も理想的でした。

斎藤投手を褒めねばならないということは、打線は低調だったということでもあります。

2回、3回と得点圏には走者を出すものの、なかなか点にできませんでした。

それでも4回裏、バファローズは小谷野選手の四球とマレーロ選手のラッキーな投前安打+エラーで一死一、三塁のチャンスを作ると、中島選手が犠飛を放って先制に成功しました。

まずは先制できましたので、これ以降の攻撃で点差を作っていければ、と思ったのですが、今度は金子投手が捕まり、5回表に早速同点にされてしまいました。

金子投手は球数こそ斎藤投手に比べてかさみがちだったものの要所できっちり三振を取ってマウンドを降りる投球内容で、調子自体はいい方だったのではないかと思います。それだけに5回表のこの失点が勿体ない感じがしました。

再び均衡状態になってしまったわけですが、バファローズはこの人の1発で再度リードを手にしました。

26号ソロ!

この日、潰瘍性大腸炎の再発のため入院を余儀なくされた安達選手のリストバンドを付けて臨んだロメロ選手。ダイヤモンドを一周した後の、ベンチ前のパフォーマンスを一人でやって見せる粋な行いも見せました。

これで1点リード。

このまま9回まで行きました。

9回には平野投手。

2死までは順調に取り、3人目の横尾選手も追い込んでいました。

カウントも余裕がありますので、フォークで空振りさせるか、スライダーでタイミングを外すかするのかな、いずれにせよ、投げ間違いさえなければと安心しかけたところで、まさかの同点弾を浴びることに…。

予想に反して、投げたのはストレートでした。

コースは悪くなかったと思います。打った横尾選手を褒めるべきなのかもしれません。

奇しくもロメロ選手が斎藤投手から放ったのと同じような形になりました。

「今日は勝てそうかな」と思った現地のファンの方々の落胆は察するに余りあります。

これで延長に突入し、11回表に登板した比嘉投手が太田選手から勝ち越しソロを浴びたのが決勝打になりました。

3-2

惜敗

「最後のアウトを取るまで気を緩めちゃダメだ」ということを、これほどまでに徹底的にファンに植え付ける球団がほかにあるでしょうか(いや、ない)。

野球にはドラマがありますからね、仕方ないですね。

もうそう書いてふて寝しちゃうほかないかなとも思います。

この試合では、宗選手がついにプロ初安打を記録しました。

宗 佑磨選手!
おめでとうございます!


緊張もあってかなかなか自分のスイングができないでいた宗選手ですが、このヒットは上手に打てましたね!まだ1本打っただけですが、今年の内に打ててよかったなと思います。来季に向けても弾みになると思いますし、明日以降の試合での動きも変わってくるのではないかと思います。

一方、11回裏には小田選手に代打で山崎勝己選手が送られるという珍しいシーンがありました。

まだ小島選手とか、もう少し強くヒットを期待できる選手がベンチにいたはずなんですがね。

よりによって、というと山崎選手に対して失礼ですが、そういう接頭辞が頭をよぎる人選です。バットに当てさえすれば足がある分小田選手の方がいいのではないかとすら思えます。

福良監督にとっての現在の小田選手の評価がはっきりと浮彫になりました。小田選手を発奮させるために敢えてやったのか、それとも山崎選手が持つベテラン捕手の勝負勘みたいなものに賭けたのか、本当のところはわかりませんが、どういう意味があるにせよ、小田選手は屈辱だと思って悔しがり「今に見ていろ」と目の色を変えなければなりません。

結果が出なくなってずいぶん経ち、そういう評価もとんと聞かれなくなりましたが、もともとはパンチ力のある打者です。見返す努力に期待します。

明日からは千葉でロッテ戦です。

佐々木千隼投手と吉田一将投手という予告先発が発表になっています。

中継ぎとしての活躍が続いていた吉田一将投手ですが、久々に先発です。

この配置転換がうまく行くか、期待してみたいと思います。


お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加