このエントリーをはてなブックマークに追加   

この日は北海道での日本ハム戦でした。

バファローズの先発は吉田凌投手でした。

二軍では初完投・初完封を挙げ、着実にステップアップしている感じの吉田投手ですが、一軍で通用するか、というのが一番の注目ポイントでした。

スタメンマスクも二軍で組むことが多かった飯田選手。こちらも初のスタメンマスクです。このほか、杉本選手がライトで、宗選手がショートでスタメンに座りました。この時期ならではの起用で、勝敗を度外視して彼らの活躍に注目したい試合になりました。

で、吉田投手の登板結果ですが、今一つでしたね。

というか、ばっちりプロの洗礼を浴びた格好になってしまいました。

初回はきっちり抑えたものの、2回からつかまり、ぼこぼこと打たれて3回途中でマウンドを降りてしまいました。ストレートの球威がよくなく、それゆえにスライダーも見切られてきっちり打たれてしまった、というのが総括です。

緊張もあって腕が振れていない面もあったのでしょうか。ほろ苦いデビューになってしまいました。一軍の打者は少々体勢を崩されても手だけで芯に当ててヒットにするなんてことも平気でやっちゃう人たちです。緩急で揺さぶりをかけるのはもちろんの事として、やはり空振りが取れるボールがないと厳しいです。

打たれはしましたが、とてもいい経験ができたのではないかと思います。首脳陣にとっても今日の試合はそういう試合だったと思いますので、吉田投手が打たれたこと自体は大きな問題ではないだろうと思います。今回の経験を糧に、このオフをどう過ごすのかが勝負ですね。

スタメンマスクの飯田選手についても、いい経験をしたと思います。打つ方は2三振でヒットはなく、リード面でも吉田投手をうまくリードで来たとはいいがたく、ありていに言っていいところを全く見せられずに終わったわけですが、一軍の試合の様子がわかり、現在の自分では通用しないということが分かっただけいいのではないかと思います。

一軍昇格でいきなりスタメン、二軍でも対戦することのない日本ハムを相手にしたのもしんどかったんだろうなとも思いますが、それでも結果がすべての世界です。年齢的にも若くはないので、次に与えられるチャンスの重みが吉田投手とは違います。飯田選手にとっても、このオフが勝負でしょう。

吉田凌投手が悔しい降板になったあと、2番手で登場したのは松葉投手でした。

吉田投手のあとを受けて試合を立て直してほしかったのですが、今日はこの松葉投手が振るいませんでしたね。すっかり火のついた日本ハム打線に押されっぱなしという風情でした。首脳陣としては松葉投手がこれだけ打たれたのは想定外だったんじゃないかと思います。「吉田が打たれても松葉で立て直してもうひと勝負」という算段があったんでしょうが・・・。

5-10

惨敗

吉田投手が6失点、松葉投手が4失点で、5回終了までで10点取られてしまいました。こうなるとちょっと追いつくのは厳しいです。

打線は10本のヒットが出て、5点までは返しました。相手の半分しかやり返せなかったわけですが、現状の打線では最大限の援護だったのかなぁと思います。もちろん、これでいいというつもりはないです。1発が出ない中でもどう点を取るかをチームとして考え、伸ばしていかねばならないなぁという、いつもの課題が浮かび上がっただけのことだと思います。

打つ方では武田選手が久々のスタメンで4打数3安打1打点ときっちり結果を出しました。

自分の状態がすごくいい、今年は充実したシーズンを送れそうだ、という時に一軍の外野手が飽和状態で自分が出る隙がなかなか無い、という現状はとにかく辛いと思います。試合に出してもらえないとスタメン奪取も何もないですし。

けど、ここでめげないことが大事です。いつでも出られますよ、という状態をキープし続けて、次のチャンスでまたアピールして、というのを繰り返すしか手はないですからね。

武田選手はめげずにしっかり練習し、次の出場機会に備えていたんだろうと思います。この調子で、もらったチャンスでアピールし続けるしかないです。頑張ってほしいと思います。

それから、試合の流れが決しはじめた6回には、佐藤達也投手がマウンドに上がりましたね。

ほぼ3か月ぶりの一軍でのマウンドで、どんなものか注目したのですが、1本ヒットを打たれたものの、三振も取り、1イニングをゼロで抑えて降板、というものでした。まずは重畳。

スピードは戻ってきています。3つのうち2つのアウトはフライで、押し勝ったものです。スライダーが外の絶妙なコースに決まるシーンが散見され、これを意識させることができたため今回はいい結果になったかと思います。

とはいえ一番よかった時には及びません。このまま2014年の状態に戻すつもりで頑張るのか、それとも別の形にシフトするのか、佐藤投手についても、今オフが勝負かなと。

試合の中では岡崎選手も代走からの出場で初出場を果たしました。一軍の試合に出た、というだけでまずは十分だと思います。

この日は日本ハムの飯山選手の引退試合でもありました。

「おっ!ヒットかな!」

と思った当たりをこともなげに捌かれた、そんな名シーン、数多し。

この日は8回の守備から登場し、田中賢介選手と併殺を成立させ大歓声を浴びていました。そして9回にも最後のショートゴロを確実に捌き、ファンに最後のプレーをしっかり見せてくれました。

飯山選手

お疲れ様でした。


お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加