このエントリーをはてなブックマークに追加   

更新が遅くなりすみません。

7日のうちに更新したいと思っていたのですが、更新できませんでした。

遅ればせながら、がんばります。

キャンプも第2クールに入りました。徐々に疲労が体に来るようになっていると思いますが、怪我のないように頑張ってほしいと思います。

練習内容は徐々に実戦に即したものになっていきます。

サインプレーや投内連携など、開幕後にはやりたくてもなかなかできない練習がたくさん出てきます。

ブルペンには増井投手・西投手・そしてアルバース投手が一番乗り。

増井投手は、第1クールではストレートのみ投げたそうですが、第2クールからはチェンジアップなど、肩肘への負荷が少ないものから順に変化球を交えていくそうです。

また西投手はこの日は立ち位置を従来の位置に戻していました。いろいろ試しているようです。

アルバース投手はこの日は柔らかい黒土での投球をしていました。日本では固い部類に入る赤土でも「やわらかい」と思ったということですが、黒土ではどうでしょうね。この日は牽制も含めて確認していました。

この日の放送では投球の際に軸足の膝を伸ばすことで体が前に倒れてボールをしっかり押し出せるようになる、という点について解説がされていて、増井投手や黒木投手の投球をスローで見ていました。こういう話を聞くたびに野球の奥の深さを感じます。

K-鈴木投手は投げ急ぐ感じになっているという指摘があったようで、二段モーションを試しています。本人もその方がしっくりくると述べているようです。

フリーバッティングでは戸田投手・小林投手・鈴木優投手・山本投手・齋藤投手が登板。

齋藤投手は守備練習中に足を故障した山崎投手に代わって一軍入りしています。

サイドスローに転向した斎藤投手。このところサイドスローに転向する投手が続いていますが、一番腕を落としたフォームになっているのがこの齋藤投手という印象です。

サイドスローには球の出どころの見やすさとか、高め低めをどれだけ使えるか、といった課題があると聞きます。齋藤投手についてそれがどうなのかは今後明らかになると思いますが、なんとかものにして活躍してほしいと思います。

山本投手の評価は他球団から見てもやはり高いようで、あとは長いイニングを投げ続けられる体力だけ、という感じらしいです。

ここからは企画コーナーの模様です。

選手個人インタビューでは黒木投手が登場。

スタジオには第2クールから解説に入った藪さんのほか、特別ゲストとして元祖ジョニーの黒木知宏さんが来ていましたので、新旧ジョニーが対話をする珍しいシーンが見られました。

守護神はやりたい?とか目標とする数字は?とか藪さんに聞かれても「与えられたところで頑張る」「数字は敢えて目標に立てない」と答えていましたが、「もっと大きな目標をもってやってほしい」といわれて「タイトルとります」と答えてました。

今のところ調子よくやれているとのことですし、今季は一年間フルで投げ切って、是非タイトルをとってほしいです。

オリスタグラム、第2回は比嘉投手でした。

ここでは海田投手からの比嘉投手情報が多数紹介されていました。比嘉投手はアメをいつも持ち歩いているので投手陣では「アメちゃん担当」だ、とか、何度も来たことある場所なのに覚えていない天然キャラだ、とか、比嘉投手の沖縄弁は癒される、など。

あとは酒好き、特に芋焼酎が好きというプチ情報が出ていました。選手に酒を差し入れをされる方(いるのか?)の銘柄選びの参考までに。

肝心の野球の方ですが、4年ぶりに初日からブルペン入りできる状態になったので今季は優勝目指して頑張りたいとのことです。

最後に、今日の「駿太の一言」

「体の調子はいいんですが、
 シートノックからミスして、いいことないんで、
     後半は頑張りたいです」


・・・なにやらかしたんだろ。

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加