このエントリーをはてなブックマークに追加   

更新が遅くなりすみません。

地獄の9連戦も最終カードに入ってい参りました。ここからは福岡でソフトバンクと戦います。

先発は西投手と東浜投手でした。

先に点を取ったのはバファローズでしたね。

まずは2回、バファローズはT-岡田選手のセンターオーバーのタイムリーツーベースの間に1点を先制しました。

東浜投手が今一つの状態に見えましたので、これで一気に流れをつかみたいところでしたが、そこは王者ソフトバンク、一筋縄ではいきません。

直後の2回裏には西投手が捕まりました。

まずは高田選手の2ランで2点を返され、さらに上林選手のタイムリースリーベースで1点を許してしまい、1-3にされてしまいます。

西投手からすると痛恨の3失点だったと思います。

追いかけるバファローズは3回表に吉田正尚選手の1発で1点を返しました。

5号ソロ!

打った瞬間、という当たりでした。これぞ吉田選手というホームランでしたね!

これで反撃ムードを盛り上げたのですが、以降試合は一旦膠着します。

なんとか追いつきたい、ソフトバンクとしては突き放したいところで、6回裏、今度はデスパイネ選手にこれまた打った瞬間それとわかる1発が飛び出してしまい、2-4とまた2点差に戻されてしまいました。

西投手、思わず「やられたー」と口走っているように見えます。それほど完璧な一発でした。

これは今日は厳しいかなと思い始めた終盤、バファローズに風が吹きました。

まずは8回表、小谷野選手の意地のタイムリーヒットで1点差に詰め寄ります。

これでわからなくなりました。

そして9回表、一死からT-岡田選手がヒットで出ると、代走で登場した小田選手が盗塁を敢行、一死二塁のチャンスを作りました。

小田選手、勇気をもっていい走りを見せてくれました。

つづく大城選手がヒットで続いて一死一、三塁。

なんとか追いつきたい場面で、打席には福田選手が代打で入りました。

プレッシャーのかかる場面ですが、福田選手、食らいつきましたね!

同点!!

値千金の同点打、土壇場でバファローズが追いつきました。

内に入ったボールを打ち損ねたようになっていますが、転がったところがよかったですね。執念の一打と言っていいと思います。

さらに一死一、三塁の好機で吉田正尚選手が大きな犠牲フライを放って、一気に逆転にこぎつけました。

最後は増井投手がきっちり締めて、

5-4

逆転勝利!!


最後の最後に食らいついて、バファローズが勝ちました!!

いつもならそのまま負けているところですが、このゴールデンウィーク、ちょっと別のチームみたいな試合が続いています。

やればできるじゃん!

と何度も言わされています。

9回の攻撃はヒット+代走で盗塁+つなぎの一打+代打奏功+きっちり仕事、と関わった選手が全員いい仕事をしたものでした。こういう仕掛けができる以上は、もっと上の順位を期待していいですね。本当にいいものを見せてくれました。

西投手は1発に泣かされた面が大きかったです。ここまですべてクオリティスタートという安定感でしたが、この日初めて6回4失点になりました。悔しいマウンドになってしまったかと思いますが、こういう日もあると次に向かっていってくれたらと思います。

最後の攻撃が光る試合でしたが、それにつながる中継ぎ陣の奮闘も見逃せません。

吉田一将投手、澤田投手、そして増井投手と、7・8・9回をそれぞれゼロできっちり抑えてくれたのがあってこその勝利でした。

守備もよく守りました。

内川選手の2000本安打が目前になっていて、相手方からすると試合のゆくえと同じくらい内川選手の打席に注目が集まっていました。現状1998本、この当たりで1999本目かと敵味方どちらも思ったはずですが、安達選手が身体能力をフルに使って防ぎました。

内川選手の通算安打は1998のまま、大記録は明日以降に持ち越しです。

同点打を放った福田選手にも好守がありました。

個人的には福田選手がお立ち台でもよかったんじゃないかと思うくらいの活躍だったと思います。プレッシャーに負けず、攻守に躍動しています。この調子で頑張ってほしいですね!

また、澤田投手はこの試合でプロ初勝利を記録しています。
jpeg

澤田投手!!


おめでとうございます!


逆転勝利でカード先勝、9連戦勝ち越しを決めました。

明日も勝って、カード勝ち越しと行きたいですね!

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加