このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨日の快勝から一夜明け、この日は対日本ハムのカード2戦目でした。

先発はディクソン投手と上沢投手でした。

ディクソン投手はまだ今季白星なし。

不本意な投球が続いています。

一方、打線はなかなか上沢投手を打ち崩せずにここまで来ています。

投打ともに、期するものはあったと思います。

が、この日については投打とも精彩を欠きました。

まず、打線は上沢投手にほぼ完璧に抑えられてしまいました。

2点を追う展開の3回裏に吉田正尚選手のタイムリーで同点に追いついたまではよかったのですが、それ以降点が取れませんでした。

また、ディクソン投手は清宮選手にプロ初本塁打を献上したのを皮切りにピリッとしない投球が続き、吉田正尚選手の同点タイムリーの直後には大田選手に3ランを打たれてしまいノックアウトでした。

早い段階で降板したディクソン投手の後を受けて、小林投手がロングリリーフを担いましたが、毎回ピンチを背負う状態で、ついには7回表に西川選手の2ランなどで3点を失い、試合を決定づけられてしまいました。

8、9回を担った近藤投手が打者6人に対して5奪三振を奪い復活を印象付けてくれましたが、大勢には影響がなく・・・

2-8

惨敗・・・

昨日の仕返しを受けたような感じになってしまいました。

清宮選手の7試合連続安打+プロ初本塁打、中田選手の1000本安打、太田選手(紛らわしい・・・)のプロ初猛打賞、さらに西川選手には4打数3安打1本塁打2打点2盗塁と暴れられる、相手にとっては試合後のビールがおいしくて仕方がない試合でしたね・・・。

日中、昨日あれだけ打って勝ってもうわごとのように清宮清宮と言っているばかりのスポーツニュースに辟易するツイートが散見されましたが、昨日の試合についての報道で苛立った方は、今日明日のスポーツニュースも観ない方がいいでしょうね・・・。

さて、ディクソン投手は開幕から白星なしのままですね。

この日の投球も「らしくない」もので、さすがに二軍で再調整にする旨、福良監督が明言したようです。

空いた枠に誰を入れるのかが気になるところです。

期待の新星・山本投手を先発に廻すのは再調整の手間を思うとそれこそ負担が大きいと思います。状態次第ですが、松葉投手かなぁ。K-鈴木投手が結構いいという話もちらほら聞くので、ローテーションに入れる入れないではなく、K-鈴木投手を試してもいいかもしれません。

明日は金子投手。

金子投手も開幕以来白星なしのままです。

いままで安定して勝ち星を稼いでいた両投手が白星なしって、冷静になると「これでよく借金3で済んでるな」というレベルの事態ですね。

それだけ投手陣の層が厚くなったということでもあるんでしょうが、両投手ともまだ二軍でゆっくりしてもらうには早いです。

特に金子投手にはもう一華咲かせてほしいです。

年俸分働けとかそういうことではなく、球界最高投手との呼び声もあった投手が、キャリア絶頂期の2014年のオフに手術をし、それ以降ぱっとしないまま終わるというのはあまりにも寂しい、という個人的な思いです。

次こそはいい投球をしてほしいと思います。

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加