このエントリーをはてなブックマークに追加   

前回の更新は体調不良のため十分な記事が書けず、すみませんでした。

今日はなんとか元気になりましたので、通常モードです。

さて、今日は楽天との第2戦です。

先発は山岡投手と則本投手でした。

前日苦手の辛島投手を攻略できずに手痛い負けを喫しました。このカードも勝ち越したいバファローズとしては、難敵・則本投手であってもなんとか打って勝たねばなりません。

山岡投手、しっかり投げて試合を作ってくれました。

初回からヒットと四球でピンチを作りましたが、要所をしっかり締める投球で楽天打線をしっかり抑えていました。

2回と4回にはペゲーロ選手にソロを打たれて2失点しますが、6回のピンチを連続三振で脱するなど、十分いい投球だったと思います。

なんとか打線が山岡投手を援護しなくちゃいけないところなんですが、則本投手もこの日はばっちりでしたねぇ。

くるくるくるくると三振を奪われ、バットに当たっても凡退続きで、ヒットすらなかなかでない状態でした。

結局ヒットは1本しか出ず、則本投手に完封されてしまいました。

0-2

完封負け・・・

則本投手が素晴らしい投手であることは認めますが、それにしたって1本しかヒットがでないというのは・・・。

どうにもならないやん、という話です。

打線は春先からなかなか波に乗れない状態が続いています。

特に主軸はちょっとよくなったかな、と思ったら翌日はさっぱり・・・なんてことも多いです。

吉田正尚選手は内角攻めに苦しんでいます。これは相手も研究してきたということなのでしかたがないと思います。また、ロメロ選手は春先どうしたのかというくらい絶不調でしたが最近ようやく上昇傾向になってきました。

マレーロ選手ももう一つですかね。長打で何度もチームを救ってくれていて、責めるのも酷なんですが、もうちょっと打率がついてきてくれるといいなぁという感じ。

そして、T-岡田選手は上半身と下半身の連携がうまく行かず、もともと苦手の外角の逃げるボールに苦しんでいました。ちょっと体を開いて投球を待つようになったら改善が見られたようですが、まだ本調子には程遠い印象です。

そんな感じで各打者試行錯誤しながら来ていますが、本来の力からするとまだまだな状態であるのは否めないんじゃないかと思います。

春先は、「まぁまだ始まったばかりだし、こんなものかな、しかたないかな」と思って見ていましたが、そろそろ5月も半ばです。

君たち、

そろそろなんとかなしなさい


といいたい。

選手一人ひとりが一生懸命やっているのはわかるんですが、いつまでもこれでは投手陣の負担が大きすぎます。せっかくチームが勝つようになってきたのに、このままでは夏頃投手陣(特に中継ぎ陣)の疲労がピークに達して勝てる試合を落とすようなことになりそうで不安なのです。

明日は中継ぎ陣を休ませられるくらいしっかり援護して、明るい記事を書かせてほしいと思います。

・・・3タテされるのは嫌だし。

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加